初めてのクアラルンプールでのお土産はこれで決まり! アイテム5選

マレーシアへ行こう

旅で欠かせないお土産。家族や友人、知人などへはもちろん、旅の記念として自分へのお土産も! ここでは、50代にお勧めのお土産が手に入るショップをご紹介します。

【1】ピーター・ホーのグッズ(Peter Hoe Evolution + Beyond)

ちょっとおしゃれなおみやげを探すなら、もうここしかない!と断言できる雑貨ショップです。かつてはセントラルマーケットの近くにあり、とても利用しやすかったのですが、現在はシェラトン・インペリアル・ホテルのお隣に引っ越してしまい、シェラトンに宿泊している人以外はちょっと行きづらい場所となってしまいました。

とはいえ、モノレールの「メダン・トァンク」駅から徒歩5分くらい。「The Row」と名付けられたこじゃれたカフェやバーなどが入居する小規模な商業施設の一画にありますので、ランチやお茶しがてらに行くといいと思います。

このショップの売りは、ピーター・ホー氏が手掛けるおしゃれな雑貨の数々。南国らしい鮮やかなプリントの生地で作られたコースターやポーチなどの小物から、トートバッグやクッションなどまで、幅広い品揃えです。

定番商品というのはとくになく、行くたびに新しい商品が並んでいるのも魅力。お値段は少しお高めなので、大切な人へのお土産や自分への旅の記念に買い求めるのがお勧めです。

小さなポーチは友人へのお土産におすすめ

南国らしい柄のクッション(座布団タイプ)

なぞのふくろうのぬいぐるみ。
パッチワーク具合がかわいい

なお、併設のカフェは駐在マダムのご用達^^。パスタやサラダなど見た目もおしゃれなメニューが揃っています。ただし、料理が出てくるのは遅めなので、時間に余裕を持って入りましょう。

【2】アーチの木工細工(Arch)

ピーター・ホーはどちらかというと女性向きのお土産。男性向けのお土産をというのであれば、アーチがお勧めです。アーチは木工細工のブランド。薄い木の板を重ねて作った作品は、その細かな細工に驚かされます。

また、作品の題材となっているのは、ツインタワーなどKLの観光スポットのほか、イスラム風の模様、鯉やドラゴンなど中国らしいモチーフ、マレーの凧や家などマレー系のものなど、マレーシアらしいものばかりで、それもお土産にぴったりな所以です。

気軽なお土産としてお勧めなのは、ブックマーク(しおり)やキーホルダー、マグネットなど。カードホルダーやペン立てなどもあります。また、額に入った作品も。茶色と黒が基調なので、インテリアにも馴染みやすいと思います。

鯉のモチーフが施された名刺入れ。愛用中

かつてはKLCCなどのショッピングセンターにもショップがあったのですが、ホームページを見ると現在はセントラルマーケットとKLシティギャラリーの2店舗になったようですね。

お勧めはKLシティギャラリー。ここはアーチが運営する建物で、観光案内所とKLの歴史を紹介するギャラリー、土産物ショップがある複合施設となっています。土産物ショップにはアーチの木工製品はもちろんのこと、Tシャツやマグカップなどもあり、KLらしい土産物が揃います。職人さんが作業をしている様子も見ることができ、とても楽しい施設となっています。

KLの建物や街並みを紹介したこの素敵な本も、
KLシティギャラリーのショップで購入

入場料(RM10)が必要ですが、ショップやカフェで使用できる金券となりますので、買い物をすれば実質無料となります。

 

【3】ベリーズ チョコレート(Beryl’s Chocolate)

海外旅行のお土産といえばやっぱりチョコレート! とはいえ、海外旅行土産のチョコレートって、あまりおいしくないものもありますよね。マレーシアのチョコレートもその類いじゃないの?と疑いの目を向ける方もいらっしゃると思いますが、non! non! non! マレーシアのチョコレート、実はとてもおいしいんです!

マレーシアは世界的にもカカオの産出量が多いことで知られ、「ベリーズ」は国を代表するチョコレーブランド。チョコレートの種類は豊富で目移りしてしまいますが、なんといってもお勧めはティラミスチョコ。マイルドな味わいのアーモンドチョコレートです。ティラミスの味なのかといわれると、個人的にはどうかなあ?という感じですが(笑)、味は間違いないです!

市内のスーパーマーケットやセントラルマーケット、空港などでも手に入りますが、品揃えが多いのは、「ベリーズ チョコレート キングダム」です。場所はブキッ・ビンタンの東に位置するインビというエリアで、ショッピングセンターの「パビリオン」からは徒歩10分くらいの距離。ツアーでは必ず寄るところらしいですが、個人で行ってももちろん問題ありません。

※チョコレートの写真を撮ってなかったので、Beryl’sのホームページで見てくださいませ。

【4】イスラム美術館のミュージアムグッズ(Islamic Arts Meseum)

私は博物館や美術館のミュージアムショップが好きなのですが、KLでお勧めのミュージアムショップは断然、イスラム美術館です。イスラム美術館ではその名の通り、イスラム教に関する美術作品をはじめ、イスラムの衣裳や宝飾品、陶芸、世界の有名モスクの精巧な模型などを展示し、非常に見応えのある内容となっています。

ミュージアムショップには、イスラムの文様や文字をモチーフにしたグッズがズラリ。ノートやブックマーク、マグカップなどおみやげにぴったりなものも豊富に揃っています。Tシャツや傘、エコバッグなど日用品もあり、品質もとてもしっかりしています。マレーシアらしく、かつハイセンスで、話題になるようなお土産といったら、ここがお勧めです!

イスラム風の模様がゴージャスなノート

なお、ミュージアムショップへは美術館に入場しないと行けないような動線となっていますが、警備員さんに頼むとショップのみに入ることもできます(本当はいけないのかな?)

【5】ボーティー (BOE TEA)

気軽なお土産として、チョコレートと並んで人気があるのが紅茶。マレーシアにはキャメロンハイランドという紅茶の生産地があり、国産のおいしい紅茶がリーズナブルに手に入ります。有名なのがボーティー(BOE TEA)。イギリス王室でも愛飲されているというブランドで、スーパーマーケットには必ず置いてあります。手に入りやすいし、リーズナブルだし、好き嫌いがあまりないので、お土産にはぴったりですね。

「クラシック ボー ティー」や「キャメロニアン ゴールド ブレンド」がベーシックな紅茶となりますが、私のイチ押しはフレーバーティです。「セリ ソンケット コレクション」と名付けられている通り、パッケージにマレーシアの伝統工芸のソンケットの柄が施されていて、高級感もあります。

フレーバーは「マンゴー」をはじめ、「ライチ ウイズ ローズ」や「ライム アンド ジンジャー」など南国のマレーシアらしい味が揃っていて、テンションアップ! なかでもお気に入りは「パッションフルーツ」。これ、本当においし過ぎます。マレーシアに行くたびに、ショッピングセンターをはしごして買い占めるほどです(なかなか置いていなかったりするので)。

さまざまなフレーバーを買って、いろいろ試してみるのも楽しいですよ。

定番のキャメロニアン ゴールド ブレンド。間違いのない味!

愛してやまないパッションフルーツティー!

コメント